名古屋港水族館観察日記

トップページ >自由研究ネタ> ハクジラとヒゲクジラの違い

ハクジラとヒゲクジラの違い

CIMG0600.jpg


ハクジラ・ヒゲクジラという分類は耳にしたことがあるという方が多いでしょうね。
今地球上のクジラ類はこの「ハクジラ」、「ヒゲクジラ」の2種類に分化しています。
口の中に歯が生えている、またはヒゲが生えているといった区別は名前から簡単に想像がつきますが、それ以外ではどのような点が違っているのでしょうか。





ハクジラ

その名のとおり、歯を持つクジラがハクジラです。歯はするどく尖っており、この歯で魚やイカなどを捕らえて食べています。他の動物は犬歯や臼歯などの違う形の歯を持っていることが多いのですが、ハクジラ歯の形は全部同じ。一種類の形しかありません。また、このハクジラの仲間には歯が一対しかないこのもあります(アカボウクジラ科の一部の雄)。


ハクジラの仲間の鼻(噴気孔)は三日月型で一つで、くちばし状の口を持ちます。


名古屋港水族館で見ることのできるシャチカマイルカバンドウイルカなどのイルカの仲間はハクジラに分類されます。ちなみにイルカとクジラは特に区別されているものではなく、小型のクジラをイルカと呼んでいるだけにすぎません。


ヒゲクジラ


口の中に歯の代わりにヒゲを持つのがヒゲクジラです。ヒゲというと男の人の顎に生えるもののようなものを想像するかもしれませんが、それとは少し違い、このクジラヒゲは板状の角質です。


クジラヒゲは上あごに密集して生えて垂れ下がっているのでまるでブラシのように見えます。このブラシ状のヒゲを上手に使ってプランクトン(小魚やオキアミなど)を濾しとって食べているのがヒゲクジラの仲間になります。体重約130tにもなる地球上で最大の動物であるシロナガスクジラはこのヒゲクジラの仲間です。あんなにも大きな体を持つシロナガスクジラのエサがプランクトンだというのは驚きですね。


ヒゲクジラの仲間の鼻(噴気孔)は八の字型で二つあり、大きな口を持ちます。


名古屋港水族館ではミンククジラの頭部模型が展示されています。その模型には実際のクジラヒゲが使われています。ぜひ見てみてくださいね。


Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)