名古屋港水族館観察日記

南極観測船ふじ

fuji.jpg名古屋港水族館の出口から外を見ると、赤い外観の船が目に入ります。それが「南極観測船ふじ」です。実際に南極へ行った船がそのまま南極観測に関する博物館になっています。富士山から名前をもらった「ふじ」は日本の文部省の二代目南極観測船で、昭和40年(1965)から18年間活躍しました。


実際に中に入ってみると、たくさんのマネキンが置かれ、当時の南極観測船乗組員の様子を詳しく知ることができます。理髪室もありましたよ。髪は本物の床屋さんではなく、手先の器用な乗組員の方が切っていたのだそうです。船内は全体的に狭く、一般寝室のベッドはほんとに狭くてびっくりしました。甲板には当時使われていた輸送用のヘリコプターも展示されています。こちらも中をのぞくことができますよ。


コウテイペンギンの剥製や南極大陸での野外観測の様子を再現したジオラマもありました。雪上車や木製そりの展示、それから南極大陸の氷も。南極大陸の氷は雪が固められてできたものなので、普通の氷のように透明ではなく白い色をしていました。


「ふじ」の停泊しているすぐ横は「ふじの広場」として南極大陸をかたどった芝生広場になっています。南極犬タロ、ジロの銅像や、「ふじ」のプロペラとプロペラ軸が置いてあります。時間のない方はこちらを見るだけでもどうぞ。プロペラは本当に大きくて、びっくりしますよ。「ふじの広場」には当時の中型雪上車も展示してあり、中を自由に覗くことができました。


★公式サイト http://www.nagoyaaqua.jp/fuji/index.html

Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)