名古屋港水族館観察日記

名古屋港ポートビル

portbill.jpg

海を望むとってもいい場所に立つちょっと変わった形の建物。それが名古屋港ポートビルです。この妙な形は海に浮かぶ白い帆船をイメージしたものらしいです。なるほど。そう言われてみればそのように観えるかも。名古屋港のシンボル的な存在になっています。名古屋港水族館からは橋を渡ってすぐ。歩いて5分ほどで到着です。


1階は総合案内所、それから無料休憩所がありました。水族館の周りは芝生もたくさんあってのんびりできますが、夏の暑い時期や冬の寒い時期、外で遊ぶのに疲れたらちょっと中に入って休む、なんて使い方ができて便利です。館内にはレストランもありますが、自動販売機もありましたのでお手軽ですよ。


2階は回廊ギャラリーと港をのぞみながら食事のできるレストランがあります。ギャラリーでは海や港にかんする写真や絵画の展示がされています。自由に見ることができるので、興味がある方は覗いてみてくださいね。


ビルの3階・4階には名古屋海洋博物館があります。
名古屋海洋博物館についてはこちら。

名古屋港ポートビル最上階の7階には地上53mの展望室があります。有料になりますが(大人300円。中学生以下が200円)港を見渡せるのはとても気持ちがいいですよ。天気のいい日は伊勢湾や御嶽山を見ることもできます。「南極観測船ふじ」
との「3施設共通券」や「名古屋港水族館」をも含んだ「4施設共通券」もありますので、名古屋港をたっぷりと楽しみたいならこちらを購入されるとお得です。


★公式サイト http://www.nagoyaaqua.jp/buil/index.html

Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)