名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介> 海で暮らすための体

海で暮らすための体

CIMG0510.jpgイルカやクジラの皮膚。触ったことはありますでしょうか。ちょっと硬いゴムのような感触で、弾力がありますよね。


パッと見丈夫そうに見えるイルカやクジラの皮膚も乾燥には弱く、長い時間空気に触れていると乾燥してしいます。そして、やけどをしたような状態になってしまい、体温を調節することができなくなって死んでしまいます。こまめに水に浸かっていないと大変なことになってしまうのですね。



イルカやクジラを他の水族館などから移すときに細心の注意をはらうのはそのような理由からでもあるのですね。


北館・発見コーナーには、イルカの輸送容器が展示してあります。



では、イルカやクジラたちは眠るとき、どうすればいいのでしょう。彼らは水面に浮かばないと息を吸うことができません。でも、浮きっぱなしでは背中だけが海面から出てしまい、背中が乾いてパリパリになってしまいます。



浮くこと。
潜ること。
泳ぐこと。
危険から身を守ること。

ざっと思いつくものだけでも、イルカやクジラたちは眠っている間もこのようなことをし続けないといけません。



なんと、そのために、
脳が右と左とで半分づつ交代で眠るようになっているのだそうです。
そして、それに合わせて体も半分づつ休んでいるのだとか。



片方の目を閉じてゆったりと泳いでいるとき。ぼやーっとしているのか、なんなんだろう?と思った方。
それはイルカのおやすみ中です。



名古屋港水族館のイルカプールは窓が大きく、イルカたちを観察するのにもってこいです。
何頭ものイルカがいるので、どれか1頭くらいはおやすみ中のイルカがいるかも。
ぜひ探してみてくださいね。



名古屋港水族館で観察できるクジラ・イルカの仲間たち
バンドウイルカ
カマイルカ
・スナメリ
シャチ
ベルーガ




Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)