名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介> ペンギンの住むところ

ペンギンの住むところ

CIMG0974.jpg











ペンギンって何種類くらいいるのでしょうか?


エンペラーペンギン
・キングペンギン
アデリーペンギン
・ヒゲペンギン
・ジェンツーペンギン
・マカロニペンギン
・ロイヤルペンギン
・イワトビペンギン
・フィヨルドランドペンギン
・スネアーズペンギン
・シュレーターペンギン
・キガシラペンギン
・コガタペンギン
・ハネジロペンギン
・フンボルトペンギン
・マゼランペンギン
・ケープペンギン
・ガラパゴスペンギン


地球上では現在18種類のペンギンがいます。



この中で一番大きなものはエンペラーペンギンで、
体長は100cm-130cm、体重は20kg-45kg。
小学校低学年の子ども位の体格ですね。



また、一番小さなペンギンはコガタペンギンで、
体長40cm、体重1kg。
エンペラーペンギンとは大きな差がありますね。



このペンギンたちの住んでいるところはどこなのでしょう?
みんな南極だと思っていませんか?
ところがどっこい、ペンギンたちが生活するのは南半球のみには限られていますが
南極だけではなく赤道直下の熱帯にまで及ぶのです。



赤道直下の熱帯に生息するガラパゴスペンギンやニュージーランドのコガタペンギンと、
南極近くの寒い地域に住むペンギンたち。
同じペンギンではありますが、それぞれの生活の場に応じた体の作りになっています。



一番わかりやすいのがフリッパー。翼の部分です。
暖かい地域に住むペンギンのフリッパーはたいてい体に大して大きくなっています。
これは体の熱を放出しやすくするため。
それに対し、
エンペラーペンギンのような寒い地域に住むペンギンは
フリッパーが小さめになっています。



名古屋港水族館では
エンペラーペンギン
アデリーペンギン
・ジェンツーペンギン
・ヒゲペンギン
の4種類のペンギンが生活しています。



どれも南極に近いところで生活をしているペンギンですが、
その中でもエンペラーペンギン
最も寒い場所で生活をしてます。
その大きな体は寒さから身を守るためだとも言えるのですね。



また、
エンペラーペンギンの足首をよく見てみてください。
他のアデリーペンギン、ジェンツーペンギン、ヒゲペンギンとくらべると
その足首はすっぽりと羽毛で覆われているのもわかるはずです。
これも寒さから身を守るためのものなのですね。



動きを見ているだけでもかわいいペンギンたちですが、
もう少しその体つきなどにも注意を払うと、おもしろく観察できますよ。







Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)