名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介> 南館・赤道の海・水中トンネル水槽

南館・赤道の海・水中トンネル水槽

CIMG6933.JPG名古屋港水族館の南館・赤道の海コーナーには大型のトンネル型水槽があります。

その名の通りこの水槽はトンネル型をしており、私たちの頭の上をゆうゆうと泳ぐ魚たちの様子が観察できます。










CIMG6934.JPG片側は壁と接する形で作られているので、半分トンネルといった様子のこの水槽。中にはなんと140種3000匹の魚たちが暮らしています。










CIMG0883.jpg何度も訪れているこのトンネル水槽ですが、140種もの魚がいると聞いてびっくり。
たくさんの展示パネルで魚が紹介されているのですが、紹介しきれない魚もたくさんいるようです。









CIMG0871.jpgこの写真はエサの様子。ロープでぶら下げられたレタスやチンゲン菜を慣れた様子で食べていました。エサの時間に合わせて水槽前で飼育係さんが解説をしてくださるイベントも行われていますよ。時間は20分ほどです。詳しい時間などは公式サイトでチェックしてみてくださいね。

飼育係による水槽前解説(名古屋港水族館公式サイト)








水中トンネル水槽で観察できる生き物たち(水槽前パネルより)
・アカククリ
・アカネハナゴイ
・アカマツカサ
・アケボノチョウチョウウオ
・アマミスズメダイ
・ウミヅキチョウチョウウオ
・ウメイロモドキ
・オキフエダイ
・オトメベラ

・カスミチョウチョウウオ
・クマザサハナムロ
・クラカオスズメダイ
・キホシスズメダイ
・キンギョハナダイ
・キンユゴイ
・ケラマハナダイ
・コガネキュウセン
・コガネシマアジ

・サザナミトサカハギ
・ササムロ
・サンゴアイゴ
・シチセンチョウチョウウオ
・シテンヤッコ
・シマハギ
・スダレチョウチョウウオ
・スミレナガハナダイ

・タカサゴ
タマカイ
・チョウハン
・ツバメウオ
・ツマリテングハギ
・トゲチョウチョウウオ
・トラフザメ

ナンヨウハギ
ニセゴイシウツボ
・ネッタイスズメダイ

・ハナゴイ
・パープルクイーン
・ヒフキアイゴ
・ヒメアイゴ
・ヒメフエダイ
・フエヤッコダイ
・フウライチョウチョウウオ
・フタイロハナゴイ
・ホンソメワケベラ

・ミスジリュウキュウスズメダイ
・ミヤコテングハギ
・メガネモチノウオ
・マジリアイゴ
・マルコバン
・ユメウメイロ
・モンスズメダイ
・モンツキハギ

・ヨコスジフエダイ
・ロクセンスズメダイ
・ワヌケヤッコ





Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)