名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介> シャチプール

シャチプール

シャチの「ナミ」は平成23年1月14日に天国へ行きました。
シャチの「ナミ」死亡のお知らせ


このページは「ナミ」の記録の1つとして、残しておくことにします。
ナミちゃんのご冥福をお祈りします。

+------------------------------------++------------------------------------+


CIMG0476.jpg名古屋港水族館の入り口を入り、
すぐ正面がイルカプール
そして右手を見ると
たいていは人だかりがしていると思います。


そう、そこがシャチプールの水中観察窓です。








CIMG0489.jpg人だかりするのも当然。
間近で見るシャチの迫力はものすごくて、
カメラを手にしている方がほとんどです。
水族館に入ってすぐにこんなに大きな生き物を目にできるんですもん。
ついついカメラも取り出したくなるもんですよね。








CIMG0477.jpg水中観察窓に向かって左手には
現在飼育されている「ナミちゃん」が
三重県の太地町立くじらの博物館から
運ばれてきた様子が
ドキュメント形式でパネル展示されていました。








CIMG0479.jpg

CIMG0480.jpg

CIMG0481.jpg

CIMG0482.jpg

CIMG0483.jpg










あれだけの大きな体をもつナミちゃんの運搬は
とても大変だったようです。











CIMG0495.jpgシャチトレーニングの水中の様子をこちらで見ることもできます。
人気のイベントですので、
見たい方は早めに来たほうがいいかと思います。
またシャチの体調次第でお休みということもあるので
名古屋港水族館公式サイトをチェックされるといいですよ。






CIMG0491.jpgたいていはバンドウイルカが一緒の水槽にいます。

















Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)