名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介> バンドウイルカ

バンドウイルカ

★北極圏および南極を除く世界中の海に生息
★小さい魚類、イカ、カニなどを食べる
★体長は2mから4m、体重は150kgから650kg
北館イルカプールにて展示









バンドウイルカはハンドウイルカとも呼ばれ、人懐こく、好奇心旺盛な性格です。

潜っているダイバーの周りに集まってくることは珍しくないですし、中には溺れた人間を助けよとした例などもあります。ただ溺れていない人間を沖へ運ぼうとした例もあり、その行動が人助けをしようとしているのかそれともイルカの習性に基づいたものであるのかは、意見の別れるところです。


バンドウイルカは世界中の暖かい海に住んでいますが、地域によって体の大きさや色などはかなりの差があります。暖かく浅い海に住んでいるバンドウイルカは冷たい遠洋に住むものよりも体が小さい傾向があります。例えば、スコットランドのマレー湾に住んでいるバンドウイルカは平均4mもの大きさですが、アメリカのフロリダにいるものの平均は2.5mです。日本の近くで見られるものは体長およそ3mです。

バンドウイルカは泳ぎの達人と言われています。通常は5km/hから11km/h程度のスピードで泳いでいますが、短時間なら45km/h程度の速さで泳ぐこともできます。また、瞬間的になら70km/h近いスピードを出せる個体もいるようで、82km/hをマークするシャチにはかなわないものの、制動力やジャンプ力などの面でかなり優れた能力を持っていると言えます。


名古屋港水族館ではイルカショーでも活躍中のバンドウイルカたち。ショーをスタンドで楽しむのもいいですが、北館メインプールの下で水中のイルカの様子を見るとその泳ぐスピードの速さも観察できますよ。


バンドウイルカはクジラの仲間。その中のハクジラの仲間です。
ハクジラとヒゲクジラの違い
↑参考にどうぞ。

名古屋港水族館イルカショーの人気者仲間のカマイルカについてはこちら。
カマイルカ


Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)