名古屋港水族館観察日記

マダコ

tako1.jpg★世界各地の熱帯・温帯海域
★甲殻類や二枚貝を食べる
★腕を含めた体長は約60cm
★南館・日本の海にて展示










日本でタコといえば大抵このマダコを指すほど、我が国では一般的なタコです。名古屋港水族館では日本の海コーナーに展示してあり、その展示用水槽の中には穴の開いたパネルが一緒に入れてありました。穴の形はいろいろで、どの穴からマダコちゃんが出入りするのか?ということのようですが、私はまだこのパネルの穴にマダコが出入りするところを一度も見たことがありません。



水槽内のマダコが出入する穴の大きさですが、え?こんなに小さくても出入りできるの?と思ってしまうくらい小さいものです。そんな小さな穴からも自在に体を出し入れできるほどマダコの体は柔らかいということでしょうね。また、マダコの皮膚には色素細胞がたくさんあり、環境に合わせて色を変化させます。その色の変わり方は本当に一瞬で、見ていてとても面白いです。でも一瞬で色は変わるわ、体の形はグニャグニャだわ、なんだか怪しい生き物だと言えなくもありません。西洋では悪魔の使いとして描かれる意味もわかるような気がしますね。



マダコは基本的に夜行性で、昼間は海底の岩穴や岩の割れ目にひそんでいます。名古屋港水族館で見かけるときも家の中に隠れていることが多いです。でもこのマダコちゃんの家。一定時間ごとにフタが開くしくみになっていて、水槽の前でしばらく待っていると家の中でくつろいでいるマダコの顔を見ることができますよ。



マダコは腕で食べ物となる甲殻類や二枚貝を絡め捕り、毒のある唾液を注射して獲物を麻痺させます。それからとても強力な吸盤の力で硬い殻をこじ開けて獲物を食べます。この獲物を麻痺させるための毒は人間に対しても強い作用を起こす性質のもので、マダコに噛まれてしまったときはかなり長い間痛みが続くのだそうです。





Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)