名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介> オオグソクムシ

オオグソクムシ

oogusokumusi.jpg★日本の本州中部以南の水深150-600メートルほどの深海底や、大陸棚
★雑食性で、水中の有機物なら何でも食べる
★体長10-15センチ
★南館・深海ギャラリーにて展示








オオグソクムシはその見た目通り、ダンゴムシやフナムシと同じ等脚類です。その等脚類の仲間では日本最大種となります。こんなに大きな姿をしていますが、海老のように腹部の末端にある脚(遊泳肢)を上手く動かして仰向けで泳ぎます。名古屋港水族館のオオグソクムシも何匹かは上下に体をくねらせるようにして泳いでいました。結構泳ぐの早くて驚きました。



雑食性でなんでも食べ、しかも大食漢。そんなわけで、海底ではもっぱら掃除屋さんの役割を果たしています。海底に動物の死体などがゴロゴロしていないのはこんな掃除屋さんの活躍のおかげです。この辺りはダンゴムシと一緒ですね。でもその貪欲さから網にかかった魚まで食い荒らしてしまうこともあり、漁師さんたちからは嫌われています。海のゴキブリと呼ばれることもあるとか。



見た目からはあんまり想像できないのですが、このオオグソクムシ食べられるのだそうです。ゆでると赤くなり味はまさしく海老で、結構おいしいのだそうです。大きさもかなりありますし、中華料理などにはひょっとしたらいいのかもしれません。でも一口目はかなり勇気がいりそうですね(笑)



oogusokumusi2.jpg検索をしていたら海洋研究開発機構のサイトでオオグソクムシのペーパークラフトを見つけました。非営利ならばイベントなどでの使用も大丈夫なようです。よろしければければどうぞ。
オオグソクムシのペーパークラフト








オオグソクムシよりもさらに大きいダイオウグソクムシについての記事はこちら



Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)