名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介 > 南館> 南館・ウミガメ回遊水槽

南館・ウミガメ回遊水槽

CIMG0953.jpg











名古屋港水族館の南館・ウミガメ回遊水槽の構成はこのようになっています。

ウミガメ回遊水槽
・ウミガメが産卵する人工砂浜
アルケロンの化石レプリカ
スッペンデミスの甲羅の化石レプリカ



ウミガメ回遊水槽はその名の通り、ウミガメたちの泳ぐ様子が観察できます。
こちらの水槽には、

アカウミガメ
アオウミガメ
タイマイ

の3種類のウミガメがいます。
シーズンになりますとウミガメの赤ちゃんも展示されます。
せわしなく泳ぐ赤ちゃんカメたちはとってもかわいいですよ。

ウミガメ回遊水槽の最上階には

スッペンデミスの甲羅の化石レプリカ

があります。
スッペンデミスは500万~600万年前に生きていた世界最大の淡水ガメです。
ものすごく大きなものです。ぜひその大きさに驚きに行ってみてください。


アルケロンの化石レプリカはエスカレーターの上部にぶら下げられています。
ウミガメ回遊水槽横のエスカレーターに乗るときは、ぜひ上を見上げてみてくださいね。
こちらもとても大きなものですよ。





Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)