名古屋港水族館観察日記

トップページ >生き物紹介 > 南館> メリベウミウシ

メリベウミウシ

★軟体動物・貝の仲間
★太平洋側では房総半島以南、日本海側では青森県以南の磯や藻場に生息
★コケムシやヒドロ虫、藻類といった岩に張り付いている生物を食べる
★体長は15センチほど
★南館2階日本の海コーナーに展示






これ、ウミウシの仲間なんです。


ウミウシというときれいな極彩色を思い浮かべると思うのですが、
こちらの色はかなり地味。
そしてなにより、かなり大きな頭を持っています。
頭というか、口ですね。


普通のウミウシ同様、這って移動するのですが
体をくねらせて泳ぐこともできます。
上にある動画のものも、左側のものは這って移動してますね。
右側のものはほわほわと泳いで(浮いて?)います。
本気を出すと体をかなりくねらせてせっせと泳ぐようです。


エサを取るときはこの大きな口をがばーっと開けて、水中を漂っているプランクトンを捕まえて食べると。
ぼわーんと開くその口は投網のようにも例えられるのですが、
動きがゆっくりなので見ていておもしろいです。
最後はちゃんと口を閉じて、繊毛の間から海水をこし出してます。


メリべウミウシがエサを食べる様子の動画はこちら








Page Top ▲

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)